2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【ヒーローとH】悪の女とH 第8期目【首領とH】

1 :前スレ落ちたと思ったら容量ギリギリだった:2012/07/10(火) 18:58:45.46 ID:4WqZUhVE
悪戯大好きな悪魔少女から冷酷無比な悪の女幹部まで。
悪の女を捕まえたり、悪の女に捕まったり、時には悪の女とラブロマンス!
とにかく「悪の女とH」が基本コンセプトのスレです。

・創作/二次創作、どちらも歓迎。ただし実在人物はNG。
・「やられ」・「グロ」表現が多少なりともある場合は投下前に注意書きをしましょう。
 (悪の女が死ぬ場合、悪堕ちヒロイン(MC)の場合は下記に該当スレがありますのでそちらに投下しましょう)
・雑談や感想レスなど、書き手が投下しやすい環境を心がけましょう。

◆前スレ
悪の女とH 第7期目
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1273213077/

過去ログはまとめサイト参照のこと。

◆関連スレ
【エロパロ】 悪の女戦士を屠るスレ 5【やられ】(dat落ち)
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1209899882/
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインpart46
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1338627302/l50

◆まとめサイト
悪の女を捕まえてスレ まとめblog (保管庫)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/


253 :名無しさん@ピンキー:2014/06/20(金) 00:48:12.53 ID:o+ABps70
>>252
デザインだけ見たが好みのほうだわ。

254 :名無しさん@ピンキー:2014/06/24(火) 02:00:11.54 ID:vkMKlj6W
キッズアニメは結構見逃せないよな

今週のオレカバトルでは悪の女幹部リヴィエールとデメラが味方を圧倒した末に
カエルの魔物アヴァドンに丸呑みで倒されるっていうおいしい倒され方をしたし

255 :名無しさん@ピンキー:2014/06/24(火) 20:52:43.96 ID:syZkapxP
サクラ大戦のあやめ(殺女)は悪の女になるのか、悪堕ちヒロインになるのか

256 :名無しさん@ピンキー:2014/07/07(月) 21:29:35.42 ID:TXj42dlN
正義のチームが敵に見つかり縛られた紅一点の目の前でいかにもな爆乳爆尻女幹部に逆NTRレイプとかはアリ?
「ほらほらぁ、貴女の信じるお仲間たちは貴女の目の前で他の女でよがり狂ってますわよぉ、貴女とは比べ物になりませんものねぇ」
「うふふ、貴方の声も聞こえてないみたい、頭の中はイヤらしい快楽でいっぱいになってだらしないアへ顔晒してますわぁ」
「御覧なさい、お仲間たちのビキビキにおっ勃った素敵なモノ…私の貪欲な穴という穴の中でグチュグチュしゃぶり回されて
すっかり肥大化してビクンビクンしながら服従ミルクをドクドクさせてますわよぉ、
すっかり変態マゾチ◯ポになって全然止まらずイキ狂って吐き出し続けてますわねぇ」
「ああん、私もオッパイイク!お◯んこイク!ケ◯穴イクぅ!貴女のお仲間の太くて固い服従チ◯ポ最っ高ですわぁ!
貴女の見てる前でもっともっとシゴいてしゃぶって搾りまくってあげますわ、よおーく見ているのですよぉ、うふふ」
みたいな感じで

257 :名無しさん@ピンキー:2014/07/08(火) 22:29:41.81 ID:aDECfynV
基本的にはアリだけど男連中が精神的に堕ちるとかアへ顔になるとかはナシ

258 :名無しさん@ピンキー:2014/07/08(火) 23:01:59.26 ID:Wh5TvlBL
>>256
凄くいいと思う

259 :名無しさん@ピンキー:2014/07/08(火) 23:12:38.11 ID:4jyqOBbM
元々が「悪の女を捕まえて」だったのが「悪の女とH」になったんだから
スレ的にはとりあえずHしてれば展開がどうなろうが女性上位だろうがなんでもありなのでは
各々好みの違いはあるだろうけどね

260 :名無しさん@ピンキー:2014/07/09(水) 18:42:57.99 ID:LLUrA9S+
>>256
むしろ、もっとどんどんやってほしい

261 :名無しさん@ピンキー:2014/07/11(金) 21:23:42.31 ID:sLf8nVBe
>>258 >>260
「ほらほらぁ、お仲間の変態マゾチ◯ポ、あり得ないくらいビキビキ膨張してるのわかるでしょう?
金玉もこんなにパンパンに張りつめて…私にビュルビュル搾ってもらうの待ち望んでイヤらしい先走りザーメントロトロ垂れ流してますわぁ
お仲間のこぉんな姿、見たのは初めてでしょうねえ、よぉく見ててあげなさい、お仲間の最高にエッチなおねだりポーズャ」
「ウフフ、どうですかぁ?お仲間の勃起チ◯ポ、私の最高に貪欲なオッパイにくわえこまれてシコシコしごかれニュプニュプ捏ね回されてビクンビクン
痙攣しながら濃ゆーい服従ミルクを谷間にドクドクぶちまけてますわャ
貴女のも中々ですけど私のはモノが違いますもの、弾力も張りも肌触りも桁違いャ数えきれない殿方がこの至高の快楽拷問パイズリで
私のオッパイにマゾチ◯ポビンビンにいきり立たせて忠誠を誓いオッパイ奴隷に堕落していきましたわャ」
「ほらぁ、貴方のイヤらしくヒクつくお尻の穴、おっぴろげて彼女によおく見せてあげなさいな、私の指や舌でドリルみたいにズボズボ犯しまくられて
最高に敏感な快楽発生器官に生まれ変わった淫乱なケツ穴◯ンコャ前立腺グリグリされて大喜びで腸壁ヒクつかせてますわ
トコロテンされて勃起チンポからのザーメン噴射も勢い増してますわねャ」
「はぁん、貴女のお仲間の肥大化チ◯ポが私の淫猥アナルにズブズブ入ってきますわぁ
知性の欠片もないケモノみたいに喘いじゃって彼ったら私のケ◯穴チ◯ポシゴきが病み付きになっちゃったみたいャ
私、前がスゴいのは勿論後ろの方も締まりがいい分絶品ですのよャ
直腸でギュウギュウ締め付けながら極上のニュルニュル腸粘膜でたあっぷりシゴいてしゃぶって舐め回して差し上げたんですもの、
すっかり頭の中はイヤらしいケ◯穴快楽で隅々まで塗りつぶされて常時マゾチ◯ポおっ勃たせてますわ
ほらほら、よおくご覧なさい、貴女の信じるお仲間は性器ですらない排泄器官の私の貪欲ケツ◯ンコに夢中のケ◯穴奴隷になりはてて
イヤらしく腰振りながら屈服ミルクを吐き出し続けてますわよャ」
「うふふ、あれだけ搾り取っても服従チ◯ポのザーメン噴水、濃さも量もまるで衰えませんわねャ体のどこにこんなに溜め込んでるのかしら
もう私のカラダ無しでは生きられない恥も外聞もない奴隷以下の精液家畜って感じですわぁャ
もう脳機能もイヤらしく作り替えられて元に戻れないだろうし諦めて貴女も仲間に加わりなさいなャ歓迎しますわよぉ」

こんな感じで断片的には色々思い付くんだけどストーリーに起こす気力がないっす…
悪の女幹部と正義のチームが学校では同級生だったり生徒と教師だったりするのも面白いかも
後逆レイプ苦手な人にはスレ汚しスイマセン

262 :名無しさん@ピンキー:2014/07/11(金) 22:21:20.32 ID:Ym1S03A9
>悪の女幹部と正義のチームが学校では同級生だったり生徒と教師だったりするのも面白いかも

すぐ思い付くのは伝説の勇者とゲンジ通信
そしきまんが は違うか…
あとはご近所さん同士とかもよくあるパターン

263 :名無しさん@ピンキー:2014/07/11(金) 22:32:37.54 ID:UKlylowD
悪役には最後の最後まで墜ちて欲しくない
妊娠させられた挙句捨てられても、子供と一緒に復讐狙うくらいの根性を持って欲しい

264 :名無しさん@ピンキー:2014/07/13(日) 15:44:58.48 ID:3NVGGWbh
今期アニメは東京喰種のはなざーさんにアカメが斬る!の貴族の親子といきなり豊作だった

あまりにガチキチ過ぎてドン引きしたが
まだまだオレも修行が足りんかも

265 :名無しさん@ピンキー:2014/07/18(金) 22:40:49.53 ID:i6QkWIGf
>>261
あんた「色仕掛け普及委員会北日本支部」とか見てるだろ、推測だけど

266 :名無しさん@ピンキー:2014/07/20(日) 12:28:23.38 ID:DdaDB17p
>>261
良いね
横で恋人のヒロインが戦闘員に処女レイプされてると俺得

267 :名無しさん@ピンキー:2014/07/20(日) 20:23:51.64 ID:wU5M0U8p
>>266
「ほらぁ、お前たち、彼女の相手をしてあげなさい
紹介しますわ、この子達は私がこのエッチなカラダでジュプジュプ搾り取って快楽漬けにして徹底的に躾てあげた忠実なワンちゃんたち…
脳細胞の一片まで堕落しきったドロドロの性欲で一杯になって私にイヤらしいことしてもらうためなら親でも躊躇わずに殺す精液ペットのケダモノですわぁ」

「ほら見て、この狂暴なケダモノチ◯ポ…ギンギンに反り返ってお腹にピッタリ張り付いて…
信じられないくらい大きくてグロテスク…金玉もタプタプでとっても素敵でしょう?
私の貪欲な穴と言う穴でたっぷりグチョグチョイヤらしい快楽植え付けて仕立てあげた自信作のザーメンタンク…
今からコレで貴女のこと…内も外もケダモノザーメンで真っ白にしてあげますのよぉ」

「貴女のお仲間もこの子達の仲間入りするのは時間の問題…そこでケダモノちゃんたちのチ◯ポに奉仕しながらゆっくり見ていなさいな
ああん、イヤらしい快楽で健全な男の子を堕落させるのって最っ高!
貴方たちの誇りも名誉もぜぇんぶ踏みにじってカラダも心も私の忠実な家畜に作り替えてあげるっ!
貴方たちの人生私のオッパイで!オマ◯コで!ケ◯穴で!くわえてしゃぶって搾り取ってメチャクチャにしてあげますわっ!
代わりに素晴らしい未来を与えてあげますわ…私の家畜兼玩具に生まれ変わってマゾチ◯ポビキビキおっ勃たせてひたすらイキ狂う未来をね…
快楽以外存在しない未来なんて最高でしょう、ウフフ」

268 :名無しさん@ピンキー:2014/07/21(月) 12:00:09.40 ID:mvISHNAk
女幹部とショタの食い合わせの良さは異常

269 :名無しさん@ピンキー:2014/07/21(月) 18:05:40.11 ID:RowxN5Sz
悪の秘密結社と実社会が若干リンクしてるものもありかも

モブ子が悪の秘密結社の学園支部を立ち上げて、上のカーストにいた女達を次々とビッチにしてしまうとか

正義側の脳筋や横柄ぶりに嫌気が差しているものの、堂々と裏切ることの出来ないショタが色仕掛けによって情報を流すとか萌えるな

270 :名無しさん@ピンキー:2014/07/22(火) 16:07:08.27 ID:IjsdpMxN
>正義のチームが敵に見つかり縛られた紅一点の目の前でいかにもな爆乳爆尻女幹部に逆NTRレイプとかはアリ?

もちろん需要も供給もあるのでこのスレ的にはそれでいいんだろうけど
この いかにもな/爆乳爆尻 って点がなぁ
>>256が考えてる様な 心身共にお下劣お下品なド変態
(悪意の表現ではなく、むしろそここそがツボなんだと思うので)
は個人的にはむしろドン引き要素だ…

271 :名無しさん@ピンキー:2014/07/22(火) 18:24:11.01 ID:36WD1bO2
むしろド淫乱大好物
ただ、もう少し遠まわしな言い方のが好みかも
モリガンみたいな

272 :名無しさん@ピンキー:2014/07/22(火) 20:19:57.06 ID:jzxUFe4t
>>270 >>271
すいません…最近のド痴女妄想の犯人ですがさすがに調子こき過ぎました
しかしとことん性根の腐りきったド淫乱邪悪痴女にいいように支配されるシチュが大好きなドMでして

273 :名無しさん@ピンキー:2014/07/22(火) 21:53:51.70 ID:36WD1bO2
いや、むしろ過疎化しているスレ盛り上げるために
もっとどんどんやってほしいです

274 :名無しさん@ピンキー:2014/07/23(水) 12:38:19.13 ID:1QRCgpA3
肯定派だから黙ってたけど自分も好きなシチュです

275 :名無しさん@ピンキー:2014/07/23(水) 16:45:20.35 ID:A5YsrBWB
>>272
いやこっちは読むだけの人だし謝られると逆に困ってしまう
これからも支持者とスレ活性化のために自分の趣味で書いてください
もちろん他の方向性でも書いてもらえるならなお歓迎ですけど

>>271
ド淫乱にも色々あるから
>>256のじゃなくてもセクシーで妖艶なの(>>271みたいの?)とか
ワイルドな獣人系で文字通りに餓えた獣のようにとかならアリ

>>274
いやおかしいでしょ
好きならむしろ黙ってないで褒めるレスをつけろよw

276 :名無しさん@ピンキー:2014/08/11(月) 03:11:54.38 ID:VHA9Bw49
「んふ、うふふ、なぁんでこんなコトをするのかですって?愉しいからに決まっておりますわぁ
全く殿方という生き物は口では誇りだの名誉だの偉そうなことを言っておいて
私がちょっと遊んで差し上げただけでだらしなくアへ顔晒してよがり狂いながら
浅ましくマゾチ◯ポから屈服ミルクをドクドク吐き出して…」

「貴殿方が快楽に狂えば狂うほど私のイヤらしい欲望が高まって…私のエッチなカラダもますます反応してしまいますわ…
ほうら、見て…私の淫乳おっぱい、貴方のよがり声が上がる度にどんどん張りとツヤを増して…乳首もビンビンに勃起して…凄くやらしいでしょう?
アソコもアナルも貪欲なヒダヒダが物欲しそうに休みなくイヤらしくヒクついて…愛液トロトロさせながら
貴方のイキっ放しチ◯ポをくわえ込んで舐めしゃぶりまわしてマゾザー◯ン搾り取るのを心待ちにしてますのよ…」

「カラダが淫猥さを増すほどに与える快楽も際限無く高まって…極上の肉悦で脳髄も隅々まで塗りつぶして
貴方の心に生えた勃起チ◯ポもシゴいてしゃぶって理性も知性もぜぇんぶ搾り取って代わりにイヤらしいマゾ快楽をたぁっぷり注ぎ込んで…
貴方の肉体だけでなく心も私の思うがまま…射精も絶頂も私が全て支配して差し上げますわぁ」

277 :名無しさん@ピンキー:2014/10/03(金) 10:46:28.77 ID:vg65zybi
久しぶりにゼファと氷牙の剣さん物こないかなあ
風の騎士団好きなんだよ

278 :名無しさん@ピンキー:2014/11/03(月) 17:56:17.96 ID:KAO8vesh
ここでは敵の女同士の百合やレズ、または敵女が正義ヒロインを誘惑したりするのはアリですかね?

279 :名無しさん@ピンキー:2014/11/03(月) 18:30:20.12 ID:ncs4OVLA
ありですよん

280 :名無しさん@ピンキー:2014/11/07(金) 14:58:17.28 ID:sGzeyt2L
悪の女wikiだかで風騎士原作者が氷牙の剣の設定明かしたらしい記述があったんで作者のサイト見てきたがモデルはファイアーエンブレムのアイラだったんだな
・年齢は20台前半
・氷牙の剣が敵軍に入らず一人旅をして主人公ゼファと出逢っていたらの場合ゼファの剣の師匠になる
・ゼファと恋仲になった後は無鉄砲なゼファに振り回されることになるも恋仲だからかきつく叱れない
・ゼファは氷牙の剣をアネゴと呼び慕う

アネゴ調なキャラだから面倒見よさそうなのは成る程〜と思ったが子供主人公に振り回される、つい甘くなる、とか恋人には優しいタイプだとは意外だったわ
悪女敵女って恋人に尽くすタイプのキャラ少なくないから王道っちゃ王道とも言えるか?

マンガアニメ作品に出てくる悪女敵女の作者しか知らない意外な性格や秘密はまだまだありそうだよな

281 :名無しさん@ピンキー:2014/11/10(月) 22:20:33.27 ID:QZrP4SUE
>>280
どーりで似てると思った
セキレイの三節棍のヤツ(アニメ2期1話で紅翼に秒殺された個体)の身長が190pとかそういうものすごい瑣末な情報も出ると嬉しいよね

282 :名無しさん@ピンキー:2014/11/24(月) 02:05:06.59 ID:5mSe2DRI
アカメが斬るのエスデスは悪女の中に入る?

283 :名無しさん@ピンキー:2014/11/24(月) 21:49:06.21 ID:XeeA9uTW
作者とファンのゼファと氷牙の剣if語りは氷牙の剣のモデルが分かったことで聖戦のアイラ×デューに通じるところがあるな
職業もデューとゼファがシーフでアイラと氷牙の剣が剣士で相関性あり
しかも同じくらいの背格好で子供と大人
元より聖戦ヒロインの一人がモデルな氷牙の剣がヒロインになっても何ら違和感ない

>>282
エスデスは悪の女ってより人格破綻者な正義の味方と見れなくもない
やってることは悪の女も裸足で逃げ出しそうなほどの狂気を感じられるけど自分なりの正義で戦ってる独特の思想を持った人間だから悪の女と言い切れないんだよな

284 :名無しさん@ピンキー:2014/12/03(水) 11:20:14.71 ID:y4RVM/5M
ファンタジーモノの話を思い付きで考えたんだが、ここに書いていいのかな?
っと言うか、ここ見てる人っている?
反応があれば、上げたいんだけど。

285 :名無しさん@ピンキー:2014/12/03(水) 13:30:29.07 ID:dsD26naW
>>284
活性化のためにも是非投下を。

286 :名無しさん@ピンキー:2014/12/03(水) 18:33:06.76 ID:QxeKuIEb
積極的にレスはつけてないけど、ブックマークはしてる
読みたい

287 :名無しさん@ピンキー:2014/12/03(水) 23:50:55.92 ID:OQN6mck+
>>284
見てるのでよろしく

288 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 00:01:40.11 ID:tUvv866z
ウィッチブラザー

 人里離れた深い深い森の中に、魔女の館と呼ばれる建物があった。
 そこに住むのは、邪悪な魔導士であり、世間からは魔女と呼ばれ恐れらえている。
 その魔女を倒そうと、森へ入って行った者は、二度と帰ってこない。
 そして、また魔女を倒そうと森へ入った少年が、魔女の餌食になる。

289 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 00:11:14.91 ID:tUvv866z

 薄暗い地下室。
 その中に、二人の少年が床に座り込んでいた。
「この私を倒そうとは100年早いわ」
 二人を見下ろすように立っているのは、この館の主であり二人が倒そうとした魔女である。
「それもまた、こんな少年がねぇ」
 一人は、黒髪の少年。
 もう一人は、金髪の少年であった。
 共にパンツ一枚にされ、両手を後ろで拘束されており、首には鎖の付いた首輪が嵌まっている。
 首輪は、首の後ろから床から突き出た鉄の輪に鎖で繋がれていた。
「ちくしょう、こいつを外しやがれ」
 黒髪の少年が、首を振り鎖をジャラジャラと鳴らす。
「やれやれ、元気なガキだね」
「ガキじゃねぇ、俺にはアベルって立派な名前があるんだ!」
「・・・少し黙りな」
 そう言うと魔女は、アベルを足で軽く蹴飛ばし床に転がせる。
「さて、もう一人」
 金髪の少年は、蛇に睨まれたカエルのように震えていた。
「ふ〜ん、可愛い顔してるじゃないか」
 金髪の少年の顎を持ち上げ、顔をじっくりと品定めする。
「やめろ、弟に、カインに手を出すな」
 起き上がったアベルが、魔女に食って掛かる。
「ふふふ、今日から、私がお前達の面倒を見てあげるわ」
「誰が、お前なんかの言いなりになるか」
「ぼ、僕もです、言いなりになんか、な、なりませんから」
 アベルの言葉に、カインも勇気を振り絞り魔女に言い返す。
「勇ましい言葉を吐くじゃないか」
 魔女はカインの頭を掴むと、顔を覗き込む。
「それじゃ、お前から面倒を見てやろうかね」
 カインの顔は、恐怖に満ち溢れていた。
「カインから離れろ、ババアっ!」
 アベルの暴言に、魔女の顔が変わった。
「さっきから生意気なガキだねぇ、なら貴様から面倒見てやるわ」
 魔女がパチンッと指を鳴らすと、待機していたオークが部屋に入ってくる。
「この生意気なガキを、連れて行きな」
 オークは鉄の輪から鎖を外すと、アベルを引っ張っていく。
「アベル兄さん」
(ひょっとして、僕の為にワザとあんな事を)
「大丈夫だカイン、兄さんはどんな事にだって耐えて見せる」
 カインに取って、この気の強く、頼れる兄が最後の希望であった。
 しかし、この時は知らなかった。
 余りに残酷で、淫らな再会が待っていようとは。

290 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 00:21:41.07 ID:tUvv866z

 部屋の中に入ると、そこには誰もいなかった。
 豪勢な椅子が一つ置かれており、正面の壁が一面、鏡になっている。
 兄が連れて行かれて、半日。
 再び現れた魔女に、カインは兄に合わせると言われこの部屋へと来た。
「兄さんは? アベル兄さんはどこに?」
「ふふふ、そう慌てないで」
 魔女は椅子に座ると、パチンッと指を鳴らした。
 すると、正面の鏡がガラスになり、向こう側の部屋を映し出す。
 ガラスの向こうには、オークが4匹いた。
 一匹は、壁近くの椅子に座っている。
(兄さんを連れて行ったオークだ)
 残りの三匹は、部屋の中央で少女らしき人物を取り囲んでいる。
 手には肘まである手袋を嵌め、左右から突き出た二本のチンポを両手で扱いていた。
 平たい胸に、乳首と乳輪をかろうじて隠す女物の下着が付けられている。
 その下着の上からでも分かるほど、乳首が立ち上がっていた。
 ガーターベルトを巻き、膝まであるストッキングに、女物のパンティーを履いていた。
 尻には魔石で作られた魔力で振動する疑似ペニスが埋まり、女物のパンティーにテントを張っている。
(可哀想、あの子も魔女に捕まったんだね)
 そして、勃起したチンポがパンティーからはみ出しブルブルと震えていた。
(えっ? チンポが何で?)
「あれは・・・まさかっ!?」
 カインは、ガラスに駆け寄ると少女の顔を見ようと左右に移動する。
「に、兄さん、アベル兄さん」
 ガラスの向こうで、オークに凌辱されていたのは、兄のアベルであった。
 首に首輪が付けられ、頭にはリボン付きのカチューシャがはめられていた。
 兄が女物の下着を身に付け、オークのチンポを口に頬張り、必死に奉仕している。
「兄さんっ! 兄さんっ!」
 ガラスを叩き、呼びかけるがアベルは見向きもせず、チンポをしゃぶり続ける。
(あぁ、兄さんがオークのチ、チンポをしゃぶって、舐めまわして)
「こっちの姿も声も、向こうからは見えないよ」
「何で、兄さんがあんな事を」
「賭けをしているのよ」
「賭け?」
「そうよ、あのオーク達を満足させられれば、あなた達兄弟を解放してあげるってね」
「解放」
「ただし、満足させられず、気を失ったり、負けを認めたらあなた達は私のモノになるのよ」
「そんな、兄さん」
(こんな話、嘘に決まってる、なのに何で)
 もちろん、アベルもこの話を信じてはいなかった。
 だが僅かな希望、自分が犠牲になってもいい、せめて弟だけでも助けたい。
 その一心で、魔女の賭けを受けたのだ。
 だがそれが、自分と弟の無限に続く快楽地獄に踏み入った瞬間だった。

291 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 00:31:34.37 ID:tUvv866z

 魔女がパチンッと指を鳴らすと、カインのいる部屋にアベルの口虐の音が響き渡る。
『むぶぅっ! おごぉっ! おぼぉぉっ!』
 オーク特有の太いチンポを、アベルは懸命に口を広げ必死に舌を動かしていた。
『オオオアッ!』
 オークが吠え、チンポがアベルの口の中で膨張する。
『おげえぇぇぇっっ!』
 アベルの苦悶の声が大きくなった。
 オーク特有の大量の精液がアベルの口に注ぎ込まれる。
『おぼぼぼほっおおおおぉぉぉぉ!』
 ゴキュゴキュとアベルの喉が大きく動く。
 皮膚を通して、中にあるものが喉から胃に向かって移動しているのがわかる。
(飲んでる! オークが出した精液を、兄さんが飲みこんでる!)
『ぷほぉぉおぉおぉおおおっ!』
 耐えきれなくなったのか、顔を引くとズルリとオークのチンポが口から引き抜かれた。
 出し切っていない精液が、髪に、リボンに、顔に、下着にも浴びせられる。
『ウオオオォォォ』
 左右にいたオークが吠えると同時に、握られていたペニスから大量の精液が噴き出す。
 精液がアベルの髪を、首筋を、背中を更に汚す。
 さらに、尻に刺さった疑似ペニスが、カインからでも分かるほど、激しく暴れ始めた。
『うおぉっうぅぅ! ケツがぁぁぁぁっ! はあぁぁぁっっっ!!!』
 アベルは、快楽に顔を歪ませ、自ら腰を振り乱し、自身のペニスから精液を撒き散らした。
『ひゅ〜・・・ひゅ〜・・・ひっく・・ひっ・・・』
 アベルは、オークの腰にしがみ付き、何とか身体を支えている。
 涙を滲ませ、鼻から、口から飲み干せなかった精液が零れ落ちる。
『コウサンカ』
 椅子に座ったオークが、息を整えるアベルに質問する。
『・・・はぁ・・・はぁ・・・負ける・・・もんか・・・』
 息も絶え絶えに、だが意志の強い言葉を吐く。
『オネガイシロ』
『お・・・オーク・・・様の・・・チ・・・チン・・・ポ・・・く・・口にくだ・・・さい・・・』
 屈辱的な言葉を、何とか紡ぎお願いする。
『コウタイダ』
 三匹のオークは位置を入れ替える。
 再びアベルの目の前にオークのチンポが差し出される。
『はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・んむぅ・・・』
 アベルは意を決して、再びオークのチンポを頬張る。
 両手も左右のチンポを握り扱く。
 疑似ペニスは、振動こそ弱まったもののアベルの尻の中をかき回し続ける。

292 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 00:41:23.32 ID:tUvv866z

「ちなみに、今出したのは2匹目、もって後1、2回かしらね」
 魔女の話は、カインの耳に入ってこなかった。
 兄の淫らな姿に釘付けになっていた。
(兄さんが、あんな淫らな、いやらしい事を)
「自分の兄さんが犯されてるを見て、興奮してるのかい」
「そ、そんな事・・・」
 魔女がスッと、自分の下着を下す。
「な・・・なにを・・・えっ?!」
 そこには、女性に無いはずのチンポが付いていた。
「な、なんで?!」
「魔女だからねぇ、チンポの一本、生やすのなんて簡単な事さ」
 そして、カインに悪魔の言葉を呟く。
「兄さんみたいになりたかったら、いつでも言いなさい」
 カインは、ゴクリッと唾を飲み込んだ。
『うぎゃあぁぁぁぁっっっっ!?』
 兄の悲鳴にも似た声に再び振り返ると、先ほどより酷い光景が展開していた。
 オークが、アベルの乳首を指で摘まみ、ヒネリ回している。
 胸を隠す下着は、既にズレ意味を成していない。
 乳首をヒネられる度に、アベルのチンポが跳ね回る。
『や、やべろぉぉぉっ! ぢぐびぃぃっ! ふぎゃあぁぁっ!?!』
 再び、尻の疑似ペニスが激しく動き出す。
 反射的に、アベルの身体はエビ反りになり、腰を前に出す。
 そして突き出されたチンポをオークが扱く。
『おほぉぉっ! ケツゥゥゥゥッ!』
 アベルのチンポから、精液が飛びオークの下半身を汚した。
 オークは、放心状態のアベルの頭を掴み、強引にチンポを口に咥えさせる。
『ふごっ! うごぉっ! ほごぉぉっ!』
 そして、頭を前後に揺さぶり無理矢理、口の中にチンポを叩きつける。
 されるがままのアベルの喉奥に、オークはチンポを捻じ込み射精する。
『んぶっ? ぶふぅ! おぶっ! うぶっ! おおぼおおぉぉっ!』
 今度は、頭を押さえつけられている為、苦しくても逃れる事が出来ない。
 飲みきれなかった精液が逆流し、鼻から溢れ出る。
 オークは射精し終わると、ズルリとアベルの口からチンポが引き抜く。
 アベルは床に手を付き、膝を折る。
『おげえぇぇぇぇ…!! げほっ! げほっ!』
 オーク三匹分の精液を吐き出し、そのまま精液溜まりの床に倒れこんだ。
『コウサンカ』
 椅子に座っていたオークが立ち上がり、倒れこむアベルに近づく。
『・・・・・・ひゅ〜・・・・・・ひゅ〜・・・・・・』
 もはやアベルの意識は、消えかけていた。
 それでも、自分が耐えれば、弟を助けられる。
 その一心でギリギリ意識を繋ぎ止めていた。

293 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 00:51:11.05 ID:tUvv866z

「そろそろ、限界かねぇ」
 魔女はそう言うと、指にはめた指輪の石に向かって何かを呟いた。
 オークがこちらを向き頷く。
 魔女が、何か指示を出したようだ。
 オークは、他の三匹のオークを部屋の外に出す。
 アベルの女物のパンティーが下ろされ、疑似ペニスがゆっくりと引き抜かれる。
 その際、身体がわずかに震えるが、もはや自力で起き上がる事も出来なかった。
 オークはアベルの身体を引き起こすと、後ろから両足を抱え上げる。
 オークはアベルを抱えたまま、カインと魔女のいるガラスの前に移動する。
 アベル側の部屋は鏡になっているので、そこに映し出されるのはアベル自身の卑猥な姿である。
 全身を精液塗れにし、リボンの付いたカチューシャを頭に付け、女物の下着を着た兄。
 抱きかかえられている為、丁度カインの目の前に、アベルのチンポとアナルが丸出しにされていた。
 アナルからは、液体がポタポタと、その下にあるオークのチンポに滴り落ちている。
 他のオークに比べ一回り大きい極太オークチンポが、カインの目の前でアベルのアナルに押し当てられる。
(あんな大きなモノ、入る訳がない)
 アベルのアナルは、その極太チンポを物欲しそうにパクパクと口を開いている。
 カインは、自分のチンポを知らず知らずの内に握り締める。
『オネガイシロ』
 ほとんど意識が無いアベルは、何と言っていいか分からなかった。
 ただ、深層心理に無理やり刻まれた言葉を、無意識に口にした。
『……チ……ン………ポ…………ホ……………シ………ぃ…………』
 それは、後戻りできない一線を超える為の言葉だった。
 オークはアベルの身体を一気に下ろした。
 アベルのアナルは、ぐにゅんと広がるとオークの極太チンポを美味そうに呑み込んだ。
『ひぎゃゃぁあああぁぁぁああっっっっ?!!!?』
 夢心地にいたアベルは、強引に現実へと引き戻した快楽に目を白黒させる。
 何が起こったか分からず混乱するアベル。
 目の前の鏡に映る自分と、自身の中にオークの極太チンポが入っているのを見て、自分の現状を思い出す。
 そんな事はお構いなしに、オークはズンッ、ズンッとゆっくりとアベルの中に極太チンポを出し入れする。
『あっ! もうダメぇぇぇぇっっっ! 壊れるぅぅぅぅっっっ!!』
 オークの一突き事に、アベルの理性が破壊されていく。
(あぁ、兄さんが壊されていく)
 握った自分のチンポを、犯される兄を見ながら懸命に扱く。
『太すぎるぅぅぅぅっっっ! もう許してぇぇぇぇぇぇっっっっ!!』
(そんな、兄さんが、あの気の強い兄さんが許しを乞うなんて)
『コウサンカ』
『おほぉぉぉっっ!?、そ、それ……はぁ……ふほぉぉぉぉっっっ!!』
 もはや限界であった。
「………………カイン……………………」
 目の前にいる事を知らないアベルが、最愛の弟の名をこぼす。
 ごめん、そう口が動いた気がした。
 そして、アベルの中で何かがブツンッと切れ、彼は理性を手放した。

294 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 01:01:06.11 ID:tUvv866z

『おおっ! ほおおぉ! 負げぇっ! 負げですぅぅ! 許しでぇぇ!』
 オークが一際深く極太チンポを打ち込んだ。
『ひぎゃぁぁっ! おゲツぅ! ケツ穴アァァァ! ごうざんでずぅぅっ!』
 その衝撃に、アベルはたまらず射精した。
 ビシャビシャと、鏡に向かって大量の精液を放つ。
 ガラスの向こう側にいるカインは、兄に顔射された錯覚に陥る。
(兄さん・・・なんであんな、あんな嬉しそうに・・・)
 もはや、兄の顔にかつての面影は無い。
 目は大きく見開いているが瞳は虚空しか見ておらず、ほぼ白目状態となっている。
 涙を流し、鼻水を垂れ流し、ゆるんだ口元から舌を出し、唾を飛ばし、汗を飛ばし、自ら腰を振り、更なる快楽を求めて嬌声を上げる。
『ひゅっひゅほぉお! おおおおおおっおぉぉぉほぉっ!』
 そこには、快楽に狂った一匹のメスがいた。
「・・・兄さん・・兄さん・兄さん、兄さん、兄さん、兄さん、兄さん、兄さん」
 アベルの淫気に当てられ、カインは必死に自分のチンポを扱く。
「にいさぁぁぁぁぁぁぁぁあぁああああぁぁっっっっんんんんっっっ!!!」
 カインのチンポから、無様なアヘ顔を晒すアベルに向かって精液が飛び散る。
 むろん、それはガラスに阻まれるが、ドロドロにこびり付いた精液があたかもアベルの全身に掛ったような錯覚に襲われた。
「はぁぁん・・・ふぅ・・・ふぅ・・・」
 射精の余韻に浸るカインの耳に、兄の嬌声な絶叫がこだまする。
『おがじぐなるうぅぅぅ! ぼれぇぇぇっっ! 狂っじゃうのぉおぉおおお!』
 狂ったような、実際すでに狂ってしまった兄。
(僕も・・・兄さんのように)
 兄の醜態に、カインの中でも何かがブツンッと切れた。
 そして、椅子に座っている魔女に向き合いお願いした。
「お願いします・・・僕を・・・に、兄さんと同じにしてください」
「ふふふ、それならまず兄と同じように、このチンポをしゃぶってもらおうかしら」
 魔女は、座ったまま足を広げると、股間から生えたチンポを見せつける。
「その後、兄と同じように頭がぶっ壊れるまで犯してあげるよ」
 魔女のチンポは、オークほど大きくはなかったが、それでも成人男性ほどある。
「やり方は、さっきお兄さんのを見てたからわかるわね」
 カインは、兄がしていたように魔女のチンポを舐めまわし、口に含む。
「んぶっぷ、ぶふぅぅ、うむぅぅぅ」
 必死に頭を前後に振り、舌で亀頭を舐めまわし、口内すべてを使って扱き上げる。
「出すよ、飲みなさい、兄と同じようになりたいならね」
 魔女は、カインができるだけ苦しくないように亀頭の先だけを口に残し射精した。
「んむぅ・・・んぐっ・・・」
(兄さんと同じ)
 その為に、出された精液を飲みこんだ。
 異変は、直後に起こった。
「うああっっ! ぐぅぅっ!」
 大量の汗が全身から吹き出し、体中が燃えるように熱くなった。
「あぁ、言い忘れていたね、私の精液は、強力な媚薬効果あるんだよ」
 媚薬の効果は凄まじいものであった。
 口はおろか、手も足も身体の全てが性感帯になってしまったかのようである。

295 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 01:11:07.73 ID:tUvv866z

「こいつは飲んでも良いが、ケツにブチ込むと効果満点でね」
 足元でのた打ち回るカインに、魔女が笑みを浮かべながら説明する。
「あんたの兄さんのケツにも、コッソリ仕掛けて置いたのさ」
(・・・この媚薬を・・・お尻の中に・・・)
「疑似ペニスがあっただろ」
(・・・兄さんの・・・お尻に・・・刺さっていた・・・モノ)
「あれには仕掛けがしてあってね、先端から少しずつ中に入っている私の精液を出す仕組みさ」
 魔女は立ち上がると、ガラスをコンコンと叩いて見せる。
「効果は見ての通り、オークの極太チンポを簡単に呑み込める程さ、凄いだろう」
『なんでぇぇぇぇっ! どぼじでぇぇぇっ!! ゲヅアバァァッッ!! ぎぼじいぃのぉぉぉっぉぉぉっぉ!!!』
 兄が狂った原因が分かった。
 アベルは、知らないうちに淫美な毒を摂取していたのだ。
 魔女はカインの口に付いた精液を指で拭うと、アナルへと指を入れた。
 媚薬効果のある精液を尻の中に塗り込まれると、効果は絶大であった。
 尻の穴が燃えるように熱くなり、物欲しそうにパックリと口を開けてしまう。
(こ・・・こんな状態で・・・兄さんはオークの・・・相手をぉぉ)
 軽く塗られただけでこの有様では、兄が耐えられなかった筈である。
 むしろ、よく今まで持ったかと感心してしまう。
「さぁ、ガラスに手をついてお尻を突き出しな」
「は・・・ハイ・・・」
 ガラスに手を付くと、目の前で兄のアナルに極太チンポが出し入れされている。
『あぁぁぁぁっっっ!!! らべぇぇっっ!! ケツぅっらめっ! ケツらべなのほぉぉぉっっ!!』
 アベルが連れて行かれた瞬間から、快楽の無限地獄に、二人は落ちてしまっていたのだ。
 魔女のチンポが、カインのアナルに押し当てられる。
(兄さん、僕、今から兄さんと同じ所へ行くよ)
 淫汁とも言える先走り液が付いたチンポが、カインの中に入る。
 媚薬の効果か、いとも簡単にカインのアナルは、魔女のチンポを根元まで飲み込んだ。
「うわぁぁぁぁぁっっぅ!?!!」
 兄と違い淫汁付きチンポを入れられたカイン。
 覚悟していたとは言え、脳が焼き切れる程の快楽がカインを襲った。
 ブチッブチッと本来聞こえるはずも無い、脳が焼き切れる音がカインの頭の中を駆け巡る。
 あっという間に、カインの理性が破壊されていく。
「たすけてぇぇえぇぇっっ!! にぃぃさぁぁあっぁぁぁんんっっん!! こぉぉこわいよぉおぉぉっ!!!
 自分が壊されていくのを実感し、本能的にカインは兄に助けを乞う。
「安心しな、直接ぶち込むんだ、すぐに兄さんと同じようにぶっ壊れるよ」
 ガラス一枚隔てて、兄弟が快楽に狂う。
「ふぁあっ! らめぇぇっ!! おぉっおしっりぃぃっ!! おしりすごぉぉぉっ!!」 
『づいでぇぇぇっ! もっどぉぉっ! 極太チンッッッボォォォッッッ! ついでぇぇぇぇっっ!』
 これが、魔女の見たかった光景である。

296 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 01:21:19.29 ID:tUvv866z

「ふふふ、それじゃ、そろそろ仕上げと逝こうか」
 魔女は、指輪の石に呟くと腰を振る速度を速める。
 オークもそれに合わせ、今までゆっくりだったスピードを一気に上げた。
「さぁ、堕ちな、淫獄の底の底までっ!」
 魔女とオークは、ほぼ同時に兄弟の中に射精した。
 カインには媚薬精液を、アベルにはオーク特有の大量の精液を放つ。
『うぐぅぅうっっ! イグゥゥゥゥッッ!! ゲヅアナァァッァァ!! チンポォォォッッッイグッゥゥッッゥゥッッ!!!』
「うふっぅぅ!! イグゥゥッ!! ボクもおぉぉっ!! イグイグッ!! ボクもおちんぽイグっぅぅぅぅっっぅぅ!!!」
 カインは初めての、アベルはもう何回目かもわからない、アナルアクメを迎える。
 カインの射精は、ガラスに激しくぶち当たり、ガラスを真っ白に染め上げる。
 アベルの射精は、まるで噴水のように天井に向かって飛び、自身の全身に浴びる。
『………………ぅ……………………………ぁ…………………………ぁ………………………』
 オークが手を放すと、アベルは、寄り掛かるように顔を鏡に押しつける。
 だらしなく舌を出し、白目を剥いて、自身の出した精液を舌と頬で拭いながら床に突っ伏す。
 アナルから、オークの極太チンポが引き抜かれる。
 ぶびゅっぶびゅっと下品な音を立てながらケツから精液を噴き出す。
 完全に意識を失い、ピクピクと身体を痙攣させ、尻から精液を出し続ける。
 そんな無様な兄を見て、カインは何故か嬉しかった。
「…………………………………ぃ………………ぁ…………ん………」
 いつも優しく、頼りになり、憧れ続けた兄と同じになれた事が嬉しかったのだ。
 そう思っただけで、カインのチンポは再び大きくなり射精した。
(………………に………………い……………さ……………ん………)
 グルリと目が裏返り、白目状態となる。
 カインも、兄と同じようにズルズルと崩れ落ちると気を失った。
「二人とも、良い顔になったじゃないか」
 カインの尻からチンポを引き抜くと、ドロドロと媚薬精液が流れ出る。
「これからは最初に言った通り、私がお前達の面倒を見てあげるわ」
 そして、邪悪な笑みを浮かべた魔女の笑いが部屋にこだました。

297 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 01:31:20.70 ID:tUvv866z

 薄暗い地下室。
 その中に、褐色の肌の少年が捕まっていた。
「私の館に、盗みに入る者がいるとは思わなかったわ」
 少年を見下ろすように立っているのは、この館の主の魔女である。
「それもまた、こんな少年がねぇ」
 少年は、両手を後ろで拘束され、首には鎖の付いた首輪が嵌まっている。
 首輪は、首の後ろから床から突き出た鉄の輪に鎖で繋がれていた。
 衣服を脱がされ、漆黒の革製のパンツ一丁で床に座らされていた。
 パンツは身体にぴっちりと密着して、チンポや金玉の形状がくっきりと浮き出ている。
「ふ〜ん、なかなか可愛い顔してるじゃないか」
 褐色少年の顎を持ち上げ、顔をじっくりと品定めする。
「ぺっ」
 褐色少年は、唾を魔女の頬に飛ばしてみせた。
「・・・前にもいたわ、あんたみたいな気が強くて生意気なガキが」
 頬に付いた唾を指先で拭うと、ペロリと舐め取る。
「今日から、私がお前の面倒を見てあげるわ」
「頭おかしいんじゃねぇか、てめぇの言いなりになんざ絶対ならねぇ」
 褐色少年は、魔女を睨み返し、首を振り鎖をジャラジャラと鳴らす。
「勇ましいねぇ・・・そうだ、前に同じような事を言った奴がどうなったか見せてやろう」
 魔女が指をパチンッと鳴らすと、扉が開きオークが二匹、部屋に入って来た。
「・・・えっ!?」
 オークの後から、黒髪の少年と、金髪の少年が部屋に入って来た。
 褐色少年と同じ首輪を付け、何故か女物の下着を身に付けていた。
 勃起したチンポは、女物のパンティーからはみ出している。
 その先からは、先走り液が漏れ、パンティーに染みを作っている。
 開いた口からは、だらしなく舌を出し涎が漏れる。
 身体は、汗でどろどろになっており、油を塗ったかのように全身が光っていた。
「二人とも、お前達の新しい仲間だよ、挨拶しな」
 魔女に命令され、二人は褐色少年の前まで行くと床に腰を落とす。
 二人とも両足を大きく割り開き、股間を褐色少年にさらけ出す。
 パンティーには切れ込みが入っており、二人のアナルが丸見えであった。
「おぉ……おれ……あ…アベル……捕まって……ケツ穴奴隷にされました」
「はあぁ……初めまして、ぼっ…ぼく……カインといいます……兄さんとチ……チンポが好きです」
「良く言えました、ご褒美をあげるわ」
 魔女がパチンッと指を鳴らすと、二人をオークが後ろから両足を抱え上げる。
 二人のアナルにオークの極太チンポが押し当てられる。
「・・・な・・・なんだよ・・・これ・・・」
「言っただろ、お前みたいな生意気なガキの末路さ」
 褐色少年の目の前で、二人のアナルに極太チンポが突き刺さる。
「ふぁっ! 深いぃぃ! お尻にひびくぅぅぅっ!! もっと深くぅぅ! お、奥まで突いてぇぇっ!」
「んごぉぉぉっっっ!! ケヅゥッッ!! ケツアナァァァァッッッ!! ゲヅマンゴォォォッッ!!」
 魔女を倒そうと、勇敢であった兄弟はいなかった。
 そこにいるのは、快楽に溺れる、チンポの事しか考えられないメスが二匹いるだけであった。
『ケツ穴アクメでぇぇぇ! チンポォォォォォッッッ!!、イグゥゥゥゥゥゥゥッッッッーーーーーー!!!!!』
 二人の精液が、褐色少年の肌を白く染め上げた。

 END・・・?

298 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 01:32:21.15 ID:tUvv866z
 以上です。
 初めて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?
 ここの趣旨にあっているのか疑問ですが
 他に当てはまりそうなスレが思いつかなったのでここに書いてみました。
 至らない所が多いでしょうが、そこは妄想と想像でカバーしてください。
 読んだ感想などを、書いていただけると嬉しいです。

299 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 04:31:04.80 ID:TYluwNsu
いますが、所詮見るだけの人なので書くことが無いのですじゃ

300 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 04:32:31.79 ID:TYluwNsu
読み込みエラーで表示されてなかった、>>299>>284だけ見て書いたレス

301 :名無しさん@ピンキー:2014/12/04(木) 17:33:41.56 ID:O/JjSrxZ
↑【特殊属性注意】

乙。せっかくあげてもらったけど俺には合わなかった。
てか、スレの趣旨とかファンタジーとかより
異種姦ホモにふたなり逆アナルにリョナ♂にみさくら語♂とかの方を気にするべき。
それ自体はスレ的に駄目ではないかもだけど事前警告は入れてほしかった。
性癖はともかく文章は良かったので次はぜひ王道ネタでお願いします。

302 :名無しさん@ピンキー:2015/01/20(火) 00:29:07.23 ID:BWrj284l
とりあえずスレチにもほどがあるからよく読んでから書き込め
文章はよかったからスレの趣向にあったのが読みたい
ホモっけとかないから少し吐き気した

150 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.03.00 2017/10/01 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)